日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 大会日程
  4. 競技結果
  5. 日本人選手
  6. 過去の成績
  7. 五輪への道

団体は女子銀、男子が銅/世界柔道

日記を書く

<世界柔道>◇28日◇男女団体◇パリ・ベルシー体育館

 看板の重量級が惨敗した男子日本代表が団体戦でも苦杯をなめた。準決勝でフランスに2-3で敗戦。3位決定戦でグルジアに3-2で辛勝して銅メダルは獲得したものの連覇は逃した。

 日本にブーイング、フランスに大歓声と準決勝は完全アウェー。66キロ級金メダリストの海老沼匡(21=明大)が一本負けするなど、2-2で勝負は100キロ超級の大将戦へ。日本は上川、フランスは絶対王者リネールではなく2番手のバタイユだった。だが、残り1分12秒に33歳の昨年超級銅メダリストに有効を奪われて敗れた。

 篠原監督は「上川を信用して使った私の責任だが、話にならない」と切り捨てた。上川は「あそこで勝っていれば(決勝に)残れた。昨日は『五輪は無理』と言ったが、悔しさが出てきた。(気持ちを)入れ替えます」とうなだれていた。

 2大会ぶりの優勝を狙った女子は準決勝で韓国を破り、決勝で地元フランスと対戦。日本は中村美里の勝利のみ、1-4で敗れ銀メダルに終わった。【今村健人】

 [2011年8月29日9時34分 紙面から]





日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞