日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 大会日程
  4. 競技結果
  5. 日本人選手
  6. 過去の成績
  7. 五輪への道

西山ライバルに決勝で一本負け/世界柔道

日記を書く

男子90キロ級決勝で敗れ、座り込み無念の表情を浮かべる西山(共同)
男子90キロ級決勝で敗れ、座り込み無念の表情を浮かべる西山(共同)

<世界柔道>◇26日◇男子90キロ級◇パリ・ベルシー体育館

 【パリ=今村健人】男子90キロ級の西山大希(20=筑波大)は、2大会連続の銀メダルに終わった。準決勝で小野卓志(31)を破り、決勝では昨年と同じくイリアス・イリアディス(24=ギリシャ)と対戦。3分31秒に大外刈りで敗れた。

 西山が、また大きな壁にはね返された。パワーのあるイリアディスに奥襟をつかまれ、完全に動きを封じられた。思うように技が出せなかった。3分31秒、相手が内股から大外刈りに変化すると、耐えることはできなかった。屈辱の一本負け。舌を出し、両手を広げて喜びを表すライバルを横目に、西山はぼうぜんと立ちつくすしかなかった。

 打倒、イリアディス-。この1年、頭の中はそれだけだった。昨年は小川直也以来23年ぶりの日本男子10代メダリストになった。それでも「メダルよりも結果ですから」と銀メダルを悔しがった。決勝の延長で、払い腰で投げられた場面しか浮かばない。「世界選手権で金を取って五輪に近づくために、頭の中はイリアディスしかない」。そう言って臨んだ大会だった。

 準決勝では桐蔭学園高、筑波大の先輩でもある小野を破った。勢いに乗って過去3連敗のライバルに挑んだが、勝てなかった。7月にスペインで合同合宿をした時は1日1度必ず組み、互角に渡り合える自信もつけていた。しかし、本番での強さはケタ違いだった。篠原監督も「イリアディスが強すぎた」と話した。90キロ級に君臨する「絶対王者」。そこを超えない限り五輪の金メダルはない。

 [2011年8月27日9時18分 紙面から]





日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞