日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 大会日程
  4. 競技結果
  5. 日本人選手
  6. 過去の成績
  7. 五輪への道

81キロ級惨敗で篠原監督激怒/世界柔道

日記を書く

<世界柔道>◇25日◇男子81キロ級◇パリ・ベルシー体育館

 前日までの快進撃から一転、男子日本勢が惨敗した。81キロ級で昨年銅メダリストの高松正裕(29=桐蔭学園高教)は初戦の2回戦で金■奎(韓国)に延長の末、払い腰で技ありを奪われた。中井貴裕(20=流通経大)は4回戦でアゼルバイジャンの選手に優勢負け。篠原信一監督は「情けない。負けるのは仕方ない。勝負だから。でも負け方がある。勝つんだという気持ちが見えない」と激怒した。

 覇気のない試合だった。高松は大会直前に背中を肉離れ。座薬と痛み止めをのんで出場したが、練習不足が表れた。中井は組んでも技を仕掛けない場面があり、昨年から起用し続けてきた篠原監督は「なんのためにこれまで経験させたのか。白紙ですよ。同じように負けるなら元気のいい、勝ったろうという若い選手を使う」と明言した。

 ユニバーシアードで優勝した大学4年の川上智弘ら81キロ級の若手は、五輪に必要な世界ランク(上位22人)が足りない。だが「足りないなら大会に出させてランクに入れさせる」。監督の怒りは収まらなかった。

※■は日ヘンに文

 [2011年8月26日8時44分 紙面から]





日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞