日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 大会日程
  4. 競技結果
  5. 日本人選手
  6. 過去の成績
  7. 五輪への道

高木涙で「底辺以下なのか」/世界柔道

日記を書く

男子100キロ級2回戦でダルビッシュ(左)に敗れた高木海帆(共同)
男子100キロ級2回戦でダルビッシュ(左)に敗れた高木海帆(共同)

<世界柔道>◇27日◇男子100キロ級◇パリ・ベルシー体育館

 高木海帆(かいはん=20、東海大)は昨年に続いて2回戦で姿を消した。

 何もできないまま開始わずか33秒で指導を受け、さらに残り15秒で2つめが言い渡された。5月のグランドスラム・モスクワ大会でも2回戦で敗れており、ジンクスの「2回戦」を突破できなかった。

 「良い調子でいたと思っていた。体調も精神面もマックス(最高潮)でやっていることが、世界では底辺以下なのかな。昔のハングリーさを取り戻したい。はねのける力をつけて、また(世界の舞台に)帰ってきたい」と泣きながら話した。

 [2011年8月27日21時1分]





日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞