日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 大会日程
  4. 競技結果
  5. 日本人選手
  6. 過去の成績
  7. 五輪への道

平岡頂点届かず「素直に悔しい」/世界柔道

日記を書く

<世界柔道>◇23日◇男子60キロ級◇パリ・ベルシー体育館

 悲願の金メダルを目指した平岡拓晃(26=了徳寺学園職)は、またも世界の頂点には届かなかった。世界ランク1位のソビロフ(ウズベキスタン)との決勝。残り7秒で小外掛けを食らい、技ありを取られて万事休す。「素直に悔しい。今はその気持ちが強い」と唇をかんだ。

 我慢強く戦うことをテーマに、準決勝まですべて1本勝ちと「今までにないくらい、乗っていた」。調子は万全だった。だが、最後の最後に、攻めに行ったところを返された。09年大会の銀、昨年の銅メダルから、三度目の正直で臨んだ世界選手権。悔やんでも悔やみきれない敗戦に「あともう1歩、自分に足りないものがある。それを追求して、来年のロンドン五輪に向かいたい」と、この日の試合を自分の胸に刻み込んだ。

 [2011年8月24日6時54分]





日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞