おはようございます! 気が付けば8月も後半。まだまだ暑いですが、過ぎゆく夏の気配を感じながら、ゴルフを楽しみましょう。日刊スポーツ火曜日の朝活「せれにゃん塾」塾長の青木瀬令奈です。今週のテーマは「ラフからのショット」。夏場は特に元気いっぱいのラフに悩まされた方、必読です。


ソールしてラフの深さをチェックして
ソールしてラフの深さをチェックして

「ニラのような」と形容される、メジャーの舞台のような深いラフとまではいかなくても、ラフに入ったボールを打つのは厄介です。まずはロストボールにならないようにしましょう。ラフに入りそうなショットを打ってしまったら、しっかりと行方を見極めるのは言うまでもありません。

次にするのは、ボールが置かれた状態を把握してクラブを選択することです。深いラフでも、ボールが沈んでいるのか、浮いているのかによって全く状況は違ってきます。順目なのか逆目なのか。飛球線方向と垂直の“横目”というのもありますからね。

ボールが上に浮いているようなら、ラフが深くてもそれほど難しくはありません。浮いているのが芝の上の方なのか、地表に近いレベルなのかによって、もちろん難しさは変わってきます。これを確認するためには、ライの改善にならない場所を選んで、ソールをしてラフの深さを測ってからクラブを選びましょう。順目なら、ボールとクラブフェースの間に芝がかんでしまうことは少ないので、さほど難しくありません。クラブを少し開いてソールを滑らせるイメージで打つと、上手に打てます。

逆目の時は難しいです。クラブがボールとコンタクトする前に、どうしても間に芝が入ってしまいます。無理は禁物。脱出を最優先に考えましょう。心がけるのは、芝の抵抗に負けないように打つこと。具体的には、クラブを短く持って、いつもよりやや強めにグリップすることです。順目のように芝の上をクラブは滑らず、芝に引っかかるので、むしろフェースを少し上からぶつけるイメージです。



横目という言葉は、あまり聞いたことがないかもしれませんが、難しい状況です。バンカーの周りなどでよくあるのですが、ボールの飛んでいく方向が予測できないからです。基本としては、ボールは芝の根元方向に飛んでいくと覚えておくと、ミスが減るはずです。

ネックからトー側(↑)に生えている横目のラフなら、芝がネックに絡まってヘッドが返りやすく、左に出やすいからネック側に構えます。逆にトーからネック側(↓)に生えている横目なら、ネックには絡まりにくい。右に出やすいので、ボールをトー側に置いて構えます。

横目のラフでは、アイアンよりウッドの方が打ちやすいケースもあります。基本を覚えておいて対処しましょう。

◆青木瀬令奈(あおき・せれな)1993年(平5)2月8日生まれ、群馬県前橋市出身。実家は音楽教室で、瀬令奈は「セレナーデ(小夜曲)」から名付けられた。身長153センチ。ゴルフ好きの父について7歳でクラブを握る。小柄ながら小技が抜群で、2006年日刊アマ全日本女子に史上最年少の13歳で優勝。数々の実績をアマチュア時代に残す。11年プロ転向。17年ヨネックスレディースで初優勝。18年賞金ランキング31位。三和シヤッター工業所属。