日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真特集
  4. 日程&結果
  5. 競技一覧
  6. 超人BIG7
  7. 日本代表
  8. 記録
  9. 大会概要
  10. TV番組表
  11. 陸上ハングル

公務員ランナー「明日からはただの川内」

日記を書く

笑顔で韓国から帰国したマラソンの川内(撮影・宮川勝也)
笑顔で韓国から帰国したマラソンの川内(撮影・宮川勝也)

 陸上の世界選手権に出場した日本代表が5日、成田空港に帰国した。男子マラソン代表で18位だった「市民ランナー」の川内優輝(24=埼玉県庁)は「団体は銀だが、個人の目標は入賞だったので悔しい」。すでに、12年ロンドン五輪代表が視野に入っており、五輪代表選考レースは「(12月の)福岡、(来年2月の)東京に出る予定」。6日からは、春日部高定時制の職員として普通の生活に戻る。「今日までは代表の川内ですけど、明日からは『ただの』川内です」。

 女子100、200メートルで日本女子史上初の準決勝進出を果たした福島千里(23)も帰国し「準決勝は、もっと力をつけないと戦えない場所」。そのためにも、「よりリアルな場所で実戦ができたらいいなと思う」と、ロンドン五輪までは海外レースにも積極的に出場していく意向を示した。

 [2011年9月5日19時33分]







日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞