日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真特集
  4. 日程&結果
  5. 競技一覧
  6. 超人BIG7
  7. 日本代表
  8. 記録
  9. 大会概要
  10. TV番組表
  11. 陸上ハングル

アリソン前人未踏4連覇なるか/世界陸上

日記を書く

<世界陸上>

 さあアリソン、前人未踏の4連覇なるか-。大会7日目(2日)の注目は、何と言っても女子200メートルの熱いバトルだ。全種目を通じて初の4連覇をかけるアリソン・フェリックス(25=米国)と、五輪連覇のキャンベル・ブラウン(29=ジャマイカ)がプライドをかけて走る。さらに今大会で100メートルを制したC・ジーター(31=米国)も加わった米国VSジャマイカの勢力争いは必見。男子100メートルの日本記録保持者・伊東浩司さん(41=甲南大准教授)が、勝負のポイントを語った。

 今日(1日)の準決勝を見て、キャンベル・ブラウンが調子を取り戻してきた印象が強いですね。いずれにしても決勝は、アメリカ対ジャマイカの図式。五輪も世界選手権も、その図式は変わりません。ジャマイカ勢は「アメリカ」に闘争心を燃やすし、逆にアメリカも誰にではなく「ジャマイカ」に闘争心を燃やす。面白い戦いになるでしょう(注・ファイナリスト8人のうち米国、ジャマイカが3人ずつ)。

 勝負を分けるのは100メートルの入り方。ジーター、キャンベルに先に出られるとアリソンも苦しい。アリソンは先頭か並ぶぐらいで(コーナーを)出ることです。あと、どんなレースでも対応できるのが強みですが、400メートルを走った後ということで、いつもの回転が戻ってない。200メートルのランナーとして立て直しているのではないでしょうか。

 ジーターには、200メートルに苦手意識があると思いますが、100メートルの勢いで、コーナーを大差で出ればチャンスです。いずれにしてもアメリカ対ジャマイカ。面白いレースになると思います。

 [2011年9月1日22時46分]







日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞