日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真特集
  4. 日程&結果
  5. 競技一覧
  6. 超人BIG7
  7. 日本代表
  8. 記録
  9. 大会概要
  10. TV番組表
  11. 陸上ハングル

福島大喜び「ギリギリセーフ」/世界陸上

日記を書く

声援に応える準決勝進出の福島千里(共同)
声援に応える準決勝進出の福島千里(共同)

<世界陸上>◇1日◇女子200メートル予選◇韓国・大邱スタジアム

 福島千里(23=北海道ハイテクAC)が快挙達成だ。100メートルと200メートル2種目での準決勝進出は、五輪と世界選手権を通じて、日本選手初の快挙となった。

 1組に出場し23秒25で5着。0秒16差で4着のスミス(バハマ)に及ばず、準決勝への自動進出はならず。あとは、各組5着以下のタイム上位4人に入るのを祈るのみだった。

 最終の5組を迎えた時点で、福島は3番手。その5組の5着は福島を上回る22秒93。運命の6着は23秒31で、福島はこのタイムを100分の6秒上回り、ギリギリ4番手のタイムで拾われた。

 レース後、報道陣も見守るミックスゾーンでモニターを凝視していた福島は、準決勝進出を決めると大喜び。「ギリギリセーフでした。このチャンスを生かさないわけにはいかない。思いきりいきたいです。相手の力を借りて、自分の力を伸ばせるようなレースをしたい」と約8時間後のセミファイナルを見据えた。

 一方で2種目同時準決勝進出の快挙には「私自身に取っては(100メートルで経験済みで)準決勝は初めてではない。100メートルで(準決勝に)出たことで、200メートルもこの結果になったのかも。自分の中では初めてではない」と冷静に語っていた。

 [2011年9月1日17時13分]







日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞