日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真特集
  4. 日程&結果
  5. 競技一覧
  6. 超人BIG7
  7. 日本代表
  8. 記録
  9. 大会概要
  10. TV番組表
  11. 陸上ハングル

男400m覇者は18歳ジェームズ/世界陸上

日記を書く

<世界陸上>◇30日◇男子400メートル決勝◇韓国・大邱スタジアム

 キラニ・ジェームズ(18=グレナダ)が44秒60の自己新で優勝。今季世界ランク1位で、北京五輪金メダリストのラショーン・メリット(25=米国)の連覇と、この種目の米国勢5連覇を阻んだ。そのメリットが44秒63で2位、ケビン・ボルレー(23=ベルギー)が44秒90で3位だった。

 ジェームズは、メリットにピタリと並走。最後の10メートルで胸一つリードし、100分の3秒差で振り切った。今季44秒86の自己ベストを出したが、その記録も大舞台で更新。昨季の世界ジュニアを制した若武者が、たった1年後に“シニアの部”も制した。ジェームズは「メリットや他の選手は気にせず、自分のレースをした。レース中はできるだけリラックスしようと思った。それが力強いフィニッシュにつながる」と勝因を分析した。「優勝が分かった瞬間は、信じられないくらい幸せだった。グレナダの人々はとても親しみやすいので、国にもどったらカーニバルになる」とおどけてみせた。

 [2011年8月31日6時7分]







日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞