日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真特集
  4. 日程&結果
  5. 競技一覧
  6. 超人BIG7
  7. 日本代表
  8. 記録
  9. 大会概要
  10. TV番組表
  11. 陸上ハングル

室伏金の可能性は極めて高い!/世界陸上

日記を書く

 さあニッポン待望のメダルだ! 大会3日目の29日に、男子ハンマー投げ決勝が行われる。もちろん期待は、アテネ五輪金メダリストの室伏。27日の予選を踏まえて、前投てき部長の小山裕三・日本陸連テクニカルコーチ(55)に、その可能性を占ってもらった。同コーチの予想はズバリ、金メダルだ。

 室伏は間違いなく優勝候補の筆頭です。今まで見てきた中で、これほど心と体が一体となった室伏を見たことがありません。金メダルを取ったアテネ五輪の時は、体の力で取ったもので、昨日(27日)の予選では緊張の中でも余裕を感じさせる「心」の充実を感じました。

 その予選で軽く投げていたのは室伏だけ(参考までに、予選通過12人でベスト記録は室伏の78メートル56)。他の有力選手は条件や環境、コンディションの善しあしで、シーズンを通していますが、室伏はこの大会にピークを合わせて調整してきた。それを立証したのが、予選の投てきでした。

 さて決勝です。優勝ラインは80メートル超でしょうが、前回ベルリン大会は1人だけ、今回も3人行くかどうか。今季世界ランク2位のクリピツキ(ベラルーシ、予選は78メートル16)らと争うでしょう。室伏が1投目に、予選のような投てきで今季自己ベスト(78メートル10)を超え、80メートル台に届けば…。そうならなくてもメダルは間違いなし。色は金が非常に近いと思います。

 [2011年8月28日21時10分]







日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞