日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 結果
  4. 出場チーム
  5. コース
  6. 歴代優勝
  7. 地区大会
  8. 大会展望
  9. 概要&テレビ放送
  10. 注目選手インタビュー

佐藤悠基がけん引!日清食品GがV本命

イベントに参加し記念撮影に収まる(左から)佐藤、テニスの錦織、J1横浜の斎藤
イベントに参加し記念撮影に収まる(左から)佐藤、テニスの錦織、J1横浜の斎藤

 ニューイヤー駅伝(1月1日、群馬)で前回優勝の日清食品グループが、今回も本命に推されている。ロンドン五輪トラック長距離代表だった佐藤悠基(26)がエースとしてチームを引っ張ることが本命の理由となっている。佐藤は3区、4区、4区と入社後3年続けて区間賞を獲得。前回は区間2位に34秒差の韋駄天走りで、遅れを一気に挽回した。「駅伝に駆け引きは必要ない。後ろの選手のために1秒でもタイムを稼ぐ」とつねに全力を出し切るのが佐藤流だ。2016年のリオ五輪に向け、この冬の初マラソン出場も計画。マラソン用の練習が、課題である駅伝終盤の競り合いにプラスとなる可能性もある。

 佐藤につなぐ3区までにトップと差が20秒くらいなら勝機が増す。前回1区区間賞の若松誠、1万メートルで27分台に迫っている北村聡と小野裕幸ら、前半区間向きのスピード型選手は多い。特に東京電力から移籍2年目の若松が、日本選手権5000メートル3位と大きく成長した。「前の職場の人たちが食事会を開いてくれたりします。その気持ちに走りで応えたい」。

 前回5区区間賞の高瀬無量がケガから復帰すれば、スキのない布陣となる。

 [2012年12月29日9時39分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞