日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 往路速報
  4. 復路速報
  5. 成績
  6. 出場校一覧&紹介
  7. 歴代優勝校
  8. コース紹介
  9. 紙面連載

青学大が史上最高の5位/箱根駅伝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック
  • Evernoteにクリップする
  • share on Tumblr
青学大・大谷(左)は順大・小沢を振り切って、5位でゴール(撮影・松本俊)
青学大・大谷(左)は順大・小沢を振り切って、5位でゴール(撮影・松本俊)

<第88回箱根駅伝>◇3日◇復路◇箱根-東京(5区間109・9キロ)

 青学大が歓喜に沸いた。6区の竹内(2年)9区の横山(3年)が1つずつ順位を上げた。ほかの区間でも粘って、往路7位から同校史上最高の5位入賞。区間4位の横山は「流れが良くて、自分の力以上のものが出せた」と気持ちよさそうに笑った。

 04年度に大学から強化指定を受けて、改革が始まった。当初の陸上部は走ることよりオシャレ優先の選手が多かった。その「腐りかけたチーム」(原監督)を、歴代主将が地道に変えてきた。「躍進」をテーマに掲げた川村主将(4年)は「飛躍と違い、1歩1歩を大切にしてきた」。7年前から続く積み重ねが、青学大を強くしてきた。

 競技場がなく3地域を転々とした過去から一転、今年3月には630メートルのクロカンロードが完成。全国高校駅伝1区区間賞の久保田(九州学院)ら有力選手も入学する。目指すは総合優勝。新主将に就任する2区区間賞の出岐(3年)は「もう1つ上のレベルに行く」と力強く宣言した。

 [2012年1月4日9時14分 紙面から]









日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞