日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 往路速報
  4. 復路速報
  5. 成績
  6. 出場校一覧&紹介
  7. 歴代優勝校
  8. コース紹介
  9. 紙面連載

早大渡辺監督「相手強すぎた」/箱根駅伝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック
  • Evernoteにクリップする
  • share on Tumblr
往路2位にゴールする早大の山本(撮影・玅見朱実)
往路2位にゴールする早大の山本(撮影・玅見朱実)

<第88回箱根駅伝>◇2日◇往路◇東京-箱根(5区間108キロ)

 前回総合優勝の早大の2連覇が厳しくなった。往路は5時間29分52秒と前回同様の2位。しかし、前回27秒だった東洋大との差が、今回は5分7秒にも広がった。さすがの渡辺康幸監督も「相手が強すぎた」。早大は、昨年のタイムから25秒も縮めたが、東洋大の速さにはついて行けなかった。

 1区でユニバーシアード1万メートル金メダルの大迫傑(2年)が、昨年と同じようにトップでタスキを渡した。しかし、4位東洋大との差は31秒と、思った以上に広がらなかった。2区で逆転を許すと、そのまま最後まで東洋大にリードを奪われた。「4区までで勝負がついた。あとは『柏原ショー』だった」(渡辺監督)。それでも、復路は「完全優勝を阻止したい」と、復路優勝で前回覇者の意地を見せる気構えだ。

 [2012年1月2日19時37分]









日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞