日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. ニュース
  2. 写真ニュース
  3. スコア速報
  4. 日程&結果
  5. 組み合わせ
  6. 得点ランキング
  7. 代表校一覧
  8. 地方大会
  9. 歴代優勝校
  10. 会場

大塚監督「感無量です」/高校サッカー

喜びを分かち合う富山第一の大塚監督(左)と息子の翔主将(撮影・狩俣裕三)
喜びを分かち合う富山第一の大塚監督(左)と息子の翔主将(撮影・狩俣裕三)

<高校サッカー:富山第一3-2星稜>◇決勝◇13日◇国立

 富山第一の大塚一朗監督(49)の采配が次々とはまった。2点ビハインドの苦しい展開。システムを「クリスマスツリー型」に変更した。

 すると後半42分に、途中出場のFW高浪奨(3年)が1点差とすると、終了間際にPKを獲得し、息子のMF大塚翔主将(3年)が決めて同点。突入した延長後半9分、こちらも後半32分に投入していたMF村井和樹(3年)が決勝弾を決めた。

 「シュート力のある村井を置いて、得点を狙いにいこうと思った」。2-2だった延長終盤には、PK戦に備えてPK職人であるGK田子真太郎(3年)をスタンバイさせるために、最後の交代カードを温存していた。

 「試合運びはあまりほめられたものじゃない。本当は前から追って、ショートカウンターで点を取って逃げ切る。今大会はそうやってきた。こんな感動的なフィナーレがあるのかというくらい感動した。感無量です」と、喜びに浸った。

 [2014年1月13日20時4分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞