日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. ニュース
  2. 写真ニュース
  3. スコア速報
  4. 日程&結果
  5. 組み合わせ
  6. 得点ランキング
  7. 代表校一覧
  8. 地方大会
  9. 歴代優勝校
  10. 会場

京都橘の得点王仙頭PK×/高校サッカー

得点王ながらPK戦でシュートを外し号泣する京都橘FW仙頭(中央)(撮影・松本俊)
得点王ながらPK戦でシュートを外し号泣する京都橘FW仙頭(中央)(撮影・松本俊)

 京都橘は2度のリードを守れず、京都勢3度目の優勝はならなかった。

 創部12年目での全国制覇はならなかった。110分の死闘を終えて迎えたPK戦。相手5人目のシュートが決まると1人目でPKを失敗した京都橘FW仙頭啓矢(3年)は地面に倒れ込んだ。「ここまで支えてくれた皆さんに、優勝して恩返しがしたかった」。涙が止まらなかった。

 1-1で迎えた後半19分に仙頭がFW小屋松知哉(2年)とのコンビで勝ち越し弾を決めたが、同39分に鵬翔にPKを献上した。鵬翔の13本を上回る21本のシュート。さらに、仙頭、小屋松が通算5得点でダブル得点王に輝いたが、笑顔で大会を締めくくることはできなかった。

 元女子高で、わずか部員12人からのスタート。故障者が出ると、練習試合では米沢監督自らプレー。ユースホステルを泊まり歩いた遠征では強豪校に30失点以上したこともあった。学校のグラウンドも狭く、日々の練習にも困る環境。それでも米沢監督が学んだオランダサッカーを軸に、全国の頂点を目指し続けた。

 優勝は逃したが、米沢監督は「立ち上げ当時はここまで来られるとは思わなかった。すてきな選手に恵まれて監督冥利(みょうり)に尽きる」。登録25人中12人が1、2年生。2年生の小屋松は「得点王よりも負けたことが悔しい。来年こそ優勝します」とリベンジを誓った。【福岡吉央】

 [2013年1月20日8時42分 紙面から]

PR情報




日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞