2階級が行われ、男子62キロ級で糸数陽一(警視庁)がスナッチで133キロ、ジャークで日本新記録の169キロを挙げ、日本新のトータル302キロで4位に入った。従来の記録をジャークで1キロ、トータルで2キロ塗り替えた。

 中山陽介(笛吹市役所)がトータル266キロで12位、ロンドン五輪2位のフィゲロアモスケラ(コロンビア)がトータル318キロで金メダル。

 女子58キロ級で安藤美希子(いちご)がスナッチで94キロ、ジャークで124キロ、トータル218キロで5位となった。スナッチ、トータルとも自身が持つ日本記録を1キロ更新した。スカンヤ(タイ)がトータル240キロで金メダル。

 ◆糸数陽一 「6本の試技全てに成功し、日本記録の300キロを塗り替えるという2つの目標を達成できた。メダルの近くまできたので悔しさもあるが、胸を張って帰りたい」。

 ◆安藤美希子 「スナッチとトータルで日本新は出せたが、世界の中ではレベルの低い数字。弱さを痛感した。自国開催の4年後はメダルを取らないといけないと思っている」。