18日に中継された「リオ五輪 卓球男子団体決勝 日本-中国」(NHK総合午前8時15分~午前10時24分まで)の平均視聴率が19・1%(関東地区)と高視聴率だったことが19日、ビデオリサーチの調べでわかった。

 毎分視聴率の最高値(瞬間最高)は23・4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、午前9時8分、水谷隼(27=ビーコン・ラボ)が第2試合をとって、日本が1-1とした直後の場面だった。

 試合は中国が3-1で金メダル、日本が銀メダルだった。