世界6位の錦織圭(26=日清食品)は1回戦で同33位のラモス(スペイン)に6-2、6-4で勝利し、2回戦に進んだ。

 2回戦では同75位ジョン・ミルマン(オーストラリア)を7-6、6-4で下した。

 3回戦では同121位のアンドレイ・マルティン(スロバキア)を6-2、6-2で下し、2大会連続で8強入りした。


 準々決勝では同11位のガエル・モンフィス (フランス)を2-1で下し、初のベスト4に進出した。


 準決勝では同2位のアンディ・マリー(英国)に1-6、4-6で敗れ、3位決定戦に回った。


 3位決定戦ではラファエル・ナダル(スペイン)に6-2、6-7、6-3のフルセット、2時間49分の末に勝ち、銅メダルを獲得した。