試合前にアルゼンチンがインドに勝利したことにより、5位以下が確定して敗退が決まっていた日本は、最終戦でオーストラリアに0-2で敗れ、1分け4敗の5位で1次リーグを終えた。

 準々決勝へは英国、米国、アルゼンチン、オーストラリアが進出する。

 ◆永井祐司監督 「五輪は他の国が、普段戦っているトーナメントより、2割増しでくると計算していた。相手の力に、(普段より)プラスを感じた。世界ランキング通りの結果になってしまった」。

 ◆中川未由希 「このチームにとって最後の試合なので、選手、スタッフと思いを込めて、心一つに試合に臨んだ。一回勝負の五輪で、結果が出ないのは今の実力。このチームがすごく好きだった」。