女子の第2ラウンドが行われ、今季米ツアー2勝の野村敏京は3バーディー、1ボギーの69で回り、首位と6打差の通算4アンダー、138の17位となった。

 大山志保は4バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの71で、通算1アンダーの32位。

 66で回った朴仁妃(韓国)が通算10アンダーで単独トップに立ち、ルイス(米国)が1打差の2位につけた。

 ◆大山志保 「10番で3パットをしてリズムが悪くなって崩れてしまった。本当に苦しかったが、日本代表で来ているし皆さんの応援もあったので1つでも上の順位で上がろうとプレーした」。