日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ここからこのサイトのナビゲーションです




D

D組 勝敗表
順位 チーム 勝点 試合 得点 失点 得失差
1 コスタリカ 7 3 2 1 0 4 1 3
2 ウルグアイ 6 3 2 0 1 4 4 0
3 イタリア 3 3 1 0 2 2 3 -1
4 イングランド 1 3 0 1 2 2 4 -2


コスタリカ0敗で敗退「顔上げて帰れる」

コスタリカ0敗で敗退「顔上げて帰れる」


D組 日程表
日付 開始時間 スコア
6月15日(日) 4:00 ウルグアイ 1-3 コスタリカ
6月15日(日) 7:00 イングランド 1-2 イタリア
6月20日(金) 4:00 ウルグアイ 2-1 イングランド
6月21日(土) 1:00 イタリア 0-1 コスタリカ
6月25日(水) 1:00 イタリア 0-1 ウルグアイ
6月25日(水) 1:00 コスタリカ 0-0 イングランド

※時間は日本時間

D組 展望
本命 イタリア
対抗 イングランド
ウルグアイ
大穴 コスタリカ

 史上初めてW杯の優勝国が3カ国も同居することになった。まさに「死の組」と呼ぶにふさわしい激戦区だ。実績のイタリア、若手とベテランが融合するイングランド、強力な攻撃陣のウルグアイのうち1つが1次リーグで姿を消してしまう。コスタリカは選手層も薄く苦戦必至だ。

 ただ優勝経験3カ国にも懸念材料はある。イタリアは、5月31日のアイルランド戦でMFモントリーボが骨折でメンバー外に。FWのG・ロッシも終盤に復帰したもののケガの影響があり落選した。FWはバロテリ、カッサーノが軸になるが、故障続きで戦力ダウンは免れない。

 イングランドはセンターバックの軸が決まっていない。テリーやファーディナンドが抜けた穴を埋めきれていない。当面はケーヒルとジャギエルカでしのぐことになる。ウルグアイの持ち味は堅守速攻。中盤を制圧されると攻守の切り替えが遅くなり、攻めにキレ味を欠く。

 対戦順をみれば、初戦でコスタリカと対戦するウルグアイはやや恵まれた。イングランドは、FWスターリング、スタリッジらが初戦でイタリアを破り波に乗るようだと怖い。イタリアは怪物バロテリがW杯デビュー。プランデリ監督からの信頼に応えたい。

 当日のコンディションしだいで順位は入れ替わりそう。日本が勝ち上がれば、決勝トーナメント1回戦で、このD組のいずれかと対戦しなければならない。






















ここからフッターナビゲーションです


PAGE TOP