日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ここからこのサイトのナビゲーションです




A

A組 勝敗表
順位 チーム 勝点 試合 得点 失点 得失差
1 ブラジル 7 3 2 1 0 7 2 5
2 メキシコ 7 3 2 1 0 4 1 3
3 クロアチア 3 3 1 0 2 6 6 0
4 カメルーン 0 3 0 0 3 1 9 -8


完敗ブラジル創造性なし欧州化育成のツケ

完敗ブラジル創造性なし欧州化育成のツケ


A組 日程表
日付 開始時間 スコア
6月13日(金) 5:00 ブラジル 3-1 クロアチア
6月14日(土) 1:00 メキシコ 1-0 カメルーン
6月18日(水) 4:00 ブラジル 0-0 メキシコ
6月19日(木) 7:00 カメルーン 0-4 クロアチア
6月24日(火) 5:00 カメルーン 1-4 ブラジル
6月24日(火) 5:00 クロアチア 1-3 メキシコ

※時間は日本時間

A組 展望
本命 ブラジル
対抗 クロアチア
メキシコ
大穴 カメルーン

 ブラジルが抜きんでている。歴代の代表チームではペレ、ロマーリオ、ロナウドら、優れた点取り屋を輩出してきた。今大会もネイマール、オスカル、フッキを中心とした攻撃陣は破壊力抜群だ。ただ今のブラジルが本当に強いと言われているのは、守備陣に理由がある。チアゴシウバ、ダビドルイスのセンターバックコンビに、マルセロ、アウベスの両サイドバックを加えた最終ラインは、現代サッカー最高、いや史上最高と言っても過言ではない。

 特に183センチ、79キロの屈強な体を誇るチアゴシウバ主将の存在感は際立っている。「完璧なDF」と言われ、戦術眼、スピード、足元のうまさ、空中戦の強さと、すべてを兼ね備えている。攻撃より守備の方が評価が高いブラジルは、W杯史上初めてだろう。

 A組でブラジルに続くのはクロアチア。MFモドリッチはRマドリードで国王杯、欧州チャンピオンズリーグの2冠を達成。地味な好選手から、世界最高のセントラルMFへと進化した。W杯でも抜群のキープ力、長短の正確なパスで攻撃を組み立てる。出場停止で1トップのマンジュキッチを欠く1次リーグ初戦のブラジル戦をどう乗り切るかがチームの課題。

 メキシコにはエルナンデス、ドスサントスら数人のビッグネームはいるが、総合的にみて1次リーグ突破が現実的な目標だろう。カメルーンは日本代表FWマインツ岡崎のチームメートのチュポモティングや、衰え知らずのベテラン、エトーの爆発力に期待したい。






















ここからフッターナビゲーションです


PAGE TOP