日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ここからこのサイトのナビゲーションです




ツイートアニメーション

W杯6億7200万ツイート、話題1位はネイマール
ツイッタージャパンは6月13日から7月14日(ともに日本時間)に開... [全文へ]
ドイツ世界一に瞬間最多3210万ツイート
ツイッタージャパンはW杯決勝ドイツ−アルゼンチン戦のツイート数を発... [全文へ]
ブラジル-ドイツ戦で最多3560万ツイート
ツイッタージャパンはW杯準決勝ブラジル−ドイツ戦のツイート数を発表し... [全文へ]
ブラジル-チリ戦で最多1640万ツイート
ツイッタージャパンはW杯決勝トーナメント1回戦ブラジル-チリ戦のツ... [全文へ]
岡崎同点ヘッド1分間に9万超ツイート
ツイッタージャパンはW杯1次リーグ最終戦となった日本-コロンビア戦... [全文へ]
ギリシャ戦カツラニス退場1分間で4万ツイート強
ツイッタージャパンはW杯日本-ギリシャ戦のツイート数を発表した。試... [全文へ]
コートジボワール戦世界で396万ツイート
ツイッタージャパンはW杯日本-コートジボワール戦のツイート数を発表... [全文へ]

W杯ヒストリー

第19回(2010年)南アフリカ大会

イニエスタ決勝弾でスペイン悲願の初V
スペインがオランダとの死闘を制し、悲願のW杯初優勝... [全文へ]
日本PK戦で敗れベスト16
岡田ジャパンが激闘の末に散った。... [全文へ]
8試合完全予想タコのパウル君
ドイツ西部の水族館で飼育されている「予言タコ」パウル君... [全文へ]

第18回(2006年)ドイツ大会

ジダン頭突き退場で幕
「偉大な英雄」が一夜にして「世紀の愚か者」に転落した... [全文へ]
日本敗退の10日後、中田引退
その瞬間、MF中田英寿(29)はピッチに倒れ込んだ。... [全文へ]

第17回(2002年)日韓大会

雨の横浜で甦った怪物ロナウド
21世紀最初の「世界一」はブラジルだった。決勝でW杯... [全文へ]
第3勢力の象徴トルコ
日本代表の夢をベスト16で断ったトルコは「第3勢力の... [全文へ]
「わが家」で日本、ロシアから歴史的1勝
日本で初めてのW杯は韓国での開幕戦から1日遅れで始ま... [全文へ]
幻の暴徒に怯えたススキノの寒い夜
北の歓楽街は、どこか寂しげだった。02年W杯1次リー... [全文へ]
不吉の蛇は故意だったのか
韓国マスコミからため息が漏れた。1次リーグを突破し、... [全文へ]

第16回(1998年)フランス大会

政治とサッカー、そして人間の迫力
政治とスポーツは関係ないが、その背景が時には恐ろしい... [全文へ]
チケットめぐり大騒動
W杯初出場で日本列島は狂騒に包まれるが、社会問題が生... [全文へ]
カズが落選しヒデが世界へ
歴史的なW杯初出場を決めた日本で「主役の座」を奪った... [全文へ]
ブラジルV逸で経済損出182億円
大会終了後から準優勝国ブラジルの話題が、優勝国のフラ... [全文へ]
12年間の空白埋めたジダンの活躍
パリのシャンゼリゼ通りは歓喜の人であふれた。98年7... [全文へ]

第15回(1994年)米国大会

「優等生」ロマーリオの大会
悲壮感を漂わせながら決勝で散ったイタリアFWのR・バ... [全文へ]
限界だったバッジオ
94年米国大会に登場したスター選手として記憶に残って... [全文へ]
追放、射殺...ショッキングな話題の連続
マラドーナ追放に続いて、94年米国大会に衝撃が走った... [全文へ]
激しい日韓招致バトル
「サッカー不毛の地」といわれた94年米国大会が盛り上... [全文へ]
「不毛の地」でも観客新記録
禁止薬物使用で追放されたマラドーナを失った94年大... [全文へ]

第14回(1990年)イタリア大会

ひとりぼっちのマラドーナ
86年が「いいマラドーナの大会」なら、90年は「悪い... [全文へ]
快進撃がファンを変えた?
トリノは、ゴーストタウンだった。90年イタリア大会準... [全文へ]
接待疲れで「らしさ」消えたブラジル
90年イタリア大会に、王者ブラジルはいなかった。82... [全文へ]
夢をみるため貨物船でやって来た
「カ・メ・ルーン、カ・メ・ルーン」。ミラノのサンシー... [全文へ]
母国の支えだったハジの左足
「この足はね、ハジにあげたのさ」。そう言って笑ったブ... [全文へ]

第13回(1986年)メキシコ大会

モロッコがアフリカ勢初決勝T進出
地元メキシコが快進撃した。試合には毎回10万人を超え... [全文へ]
マラドーナ、ベルギー戦でも4人抜き
マラドーナがイングランド戦で見せた鮮やかな5人抜きは... [全文へ]
痛恨のPK失敗、神に見放された神様
ペレが3度のW杯優勝の栄光に輝いているのに対して、ジ... [全文へ]
大地震から1年傾いていたホテル
86年大会は当初、コロンビアで行われるはずだった。と... [全文へ]
母国のフェア精神が生んだ5人抜き
「神の手ゴール」。明らかに意識してのハンドでのゴール... [全文へ]

第12回(1982年)スペイン大会

日本人初出場は財津和夫の声
<歌詞>WakeUpWakeUp~。試合前に聞... [全文へ]
ストーンズが歌いお祭りに
Aマドリードのホームスタジアム、ビセンテ・カルデロン... [全文へ]
ポーランドが見せた最後の輝き
王座を奪回したイタリアや西ドイツ、フランスとともに、... [全文へ]
イタリアに幸運の突然変異
短期決戦を制するには、既存の戦力にプラスアルファの要... [全文へ]
クワトロ・オーメン・ジ・オーロ
82年スペイン大会は、近代サッカーの幕開けを告げる大... [全文へ]

第11回(1978年)アルゼンチン大会

映像は130カ国に届けられた
世界中のテレビに映し出された決勝戦は、W杯を代表する... [全文へ]
17歳マラドーナ、涙の落選
母国アルゼンチンでの初優勝を託されたのが、メノッティ... [全文へ]
オランダはクライフ不在も快進撃
内戦状態にあるアルゼンチンでのW杯開催に強く反発した... [全文へ]
国威発揚、国家再建へ開催断行
アルゼンチンは立候補5度目にして開催国に選ばれた。正... [全文へ]

第10回(1974年)西ドイツ大会

オランダ準V導いた、たばこ屋GK
アヤックス、フェイエノールト...。旋風を巻き起こし... [全文へ]
リベリーノの魔法も王国連覇失敗
W杯では58年スウェーデンと62年チリ大会を制したブ... [全文へ]
カテナチオこじ開けたハイチ、初戦にミラクル
ハイチが「小さな奇跡」を起こした。1次リーグでは優勝... [全文へ]
王手をかけながら...戦わずして敗れたソ連
予選に参加した89カ国の中で、W杯出場に王手をかけな... [全文へ]
1人だけ2本線だったクライフ
キリストをもじり「ジーザス・クライフ」とあがめられた... [全文へ]

第9回(1970年)メキシコ大会

交代枠、イエローカードなどルール改革
70年代を迎えて、サッカーは新しい時代に入った。この... [全文へ]
国交断絶、武力侵攻、戦争に発展
サッカーはピッチ上の戦争に例えられるが、メキシコ大会... [全文へ]
開催国を敵に回したイングランド
前回優勝国のイングランドには、試練が待ち受けていた。... [全文へ]
ブラジル一色の中、キラリと光った若き皇帝
結果だけを見るとブラジル一色に彩られた大会だったが、... [全文へ]
ブラジルのための22日間、12戦全勝V
1970年の第9回メキシコ大会は、まさにブラジルの... [全文へ]

第8回(1966年)イングランド大会

イングランドが全権監督でV
ジュール・リメ杯盗難、アジア、アフリカ諸国のボイコッ... [全文へ]
17カ国ボイコットで北朝鮮躍進
イングランド大会予選には70カ国がエントリーしたが、... [全文へ]
大会4カ月前にジュール・リメ杯盗難
1966年の第8回大会は、63年にイングランドサッカ... [全文へ]

第7回(1962年)チリ大会

チリ地震の被害で4都市開催に縮小
開催国チリの躍進が光った大会だった。6万5000人が... [全文へ]

第6回(1958年)スウェーデン大会

もう1人の伝説フォンテーヌ
スウェーデン大会で「伝説」となったのは、17歳のFW... [全文へ]
ペレ伝説の始まり、17歳で優勝の原動力
世界のファンが、恐るべき17歳のプレーに目を奪われた... [全文へ]
新時代の幕開け、ブラジル初優勝
1958年のスウェーデン大会は、世界中の人々に多くの... [全文へ]

第5回(1954年)スイス大会

ハンガリーとブラジルの流血戦
平和の国・スイスが血に染まった。準々決勝で実現した優... [全文へ]
日本のW杯初挑戦は予選で敗退
戦後、日本は1951年のサンフランシスコ平和条約で、... [全文へ]

第4回(1950年)ブラジル大会

18年の空白で衰えていた母国イングランド
出場辞退が相次いだ1950年ブラジル大会には、新しい... [全文へ]
復活大会インド、はだしの参加ならず
第2次世界大戦による中断期間を経て、W杯は1950年... [全文へ]

第3回(1938年)フランス大会

ドイツが併合のオーストリアが棄権
1938年に開催されたフランス大会は、当時の世界情勢... [全文へ]
幻の日本参加とイタリアの連覇
決勝はイタリアとハンガリーで争われた。点の取り合いに... [全文へ]
やっと返上、弱いブラジル
南米のほとんどの国がボイコットする中、ブラジルが予選... [全文へ]

第2回(1934年)イタリア大会

アルゼンチン出身者活躍で、イタリア開催国V
「ムソリーニのアズーリ」と言われたイタリア代表最大の... [全文へ]
リーグ戦なし8強全て欧州勢
34年イタリア大会は、前回優勝国が参加しなかった唯一... [全文へ]
ファシスト政権下、史上最悪の大会
第2回イタリア大会は、独裁者がスポーツを政治宣伝のた... [全文へ]

第1回(1930年)ウルグアイ大会

ウルグアイから始まった世界最大の祭り
サッカーの世界大会開催を目指し、欧州の7カ国が集ま... [全文へ]





















ここからフッターナビゲーションです


PAGE TOP