コンテンツエリア



メインコンテンツ

コラム

RSS
野球の国から 平成野球史

長期連載「野球の国から」の新シリーズ「平成野球史」を、新元号となる来年5月まで送ります。時代を変えた野球人、時代を彩った名勝負、時代を揺るがした事件。「平成」を深掘りして考察します。

新着コラム

インタビューで語る元日本ハムオーナーの日本ハム大社啓二専務(撮影・林敏行)

日本ハム元オーナーの大社啓二氏(63)が、伝統球団にとって激動の時代となった平成を振り返ります。まずは、2004年(平16)に本拠地を東京から北海道へと移転した経緯について。当時の経営状…[]

17年6月、野球教室で子どもたちが見守る中、柵越えを披露する松井秀喜氏

平成の野球を語る上で、最重要人物が松井秀喜(44)だ。巨人の4番、球界の将来を担う逸材と期待され1993年(平5)にプロデビュー。長嶋茂雄監督から熱血指導を受け、日本を代表するスラッガー…[]

13年5月、国民栄誉賞表彰式で、王貞治氏(右)に祝福される松井秀喜氏。左は長嶋茂雄氏

平成の野球を語る上で、最重要人物が松井秀喜(44)だ。巨人の4番、球界の将来を担う逸材と期待され1993年(平5)にプロデビュー。長嶋茂雄監督から熱血指導を受け、日本を代表するスラッガー…[]

93年2月、宮崎キャンプで長嶋監督(左)と話す松井

平成の野球を語る上で、最重要人物が松井秀喜(44)だ。巨人の4番、球界の将来を担う逸材と期待され1993年(平5)にプロデビュー。長嶋茂雄監督から熱血指導を受け、日本を代表するスラッガー…[]





野球

すしネタNG!ロッテ謎の魚がレアードにお願い
すしネタNG!ロッテ謎の魚がレアードにお願い [記事へ]





右カラム